営業支援は必要であるか

営業支援とはSFAと呼ばれる事がありますが、セールスフォースオートメーションという略語です。SFAの始まりは会社に出社しないで営業活動を行いその結果をパソコンを通して会社に報告するというものでした。今では営業活動の経験のカンなどで行っていた業務を科学的な管理をした業務に置き換えいき、見えない部分が多いためそれを見える様にするためのシステムになっています。各顧客に対して今営業活動のどの段階であるかを顧客ごとに管理し適切なアプローチを出来るようにします。またどれだけの売上があるかどれだけ訪問したかなどの営業活動も管理しています。管理することによって見えるようにされ管理側は明確に管理出来て的確な指示が出せたり、顧客情報を管理することで過去の訪問履歴などの顧客情報も閲覧することが可能になります。デメリットとして管理しすぎることで、束縛された仕事になることがありますので注意が必要です。

営業支援はビジネスになりえるのです。

営業支援はビジネスになりえるのです。本当にそう思っています。実際に、営業活動をしていて困っている会社はかなり多いと思っています。そういう会社の営業活動を支援改善していくというのが営業支援とよばれるものです。これは、非常に効率的に、また科学的に行っていくことによって実現されていくのです。個人の能力に頼った営業であるとか、そういうものをノウハウ化することによって、データベースとして、広く展開してより多くの利益を上げていく構造にしていくことができるのです。または、そういうものを目指していくということなのです。それが起動に乗れば非常に効率的に運用ができるようになってくるのです。それは、会社にとってはこの上なく喜ばしいことだと思うのです。そういうところをゴールに据えて様々な支援を行っていくことによって、それを実現するのです。

営業支援とはどういうものなのか。

事業を円滑に運営するためにも営業支援システムが必要になってくるわけです。あくまでも支援システムですから。その方法も様々です。営業活動に関わる情報をデータ化して活用するのもその一つです。事業を行うために情報は大切になってくるからです。目的は生産性を上げ、効率化を進めることです。結局は情報システムの一つというわけです。ちなみにSFAとも呼ばれているようです。1990年代に米国で注目され、その90年代後半には日本でも広がってきたようです。ただ、営業支援システムも日々、進化しています。どこから出ている営業支援システムを利用することによって会社の運営も変化してくるわけです。どんなに優れた情報システムでも結局、利用するのは人だということです。だから、それぞれSFAの比較も必要になってくるわけです。よく、考えて利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です